アウトランダーPHEV用サンシェード|ドラレコ用シェードも自作

f:id:phev_sp:20160526233553j:plain

5月なのに夏日になってきた。

アウトランダーPHEVが納車したのは1月中旬。
電気自動車はヒーターの電気消費に弱いが、冷房の時期がやってきている。

というか、もうとっくにクーラー使い始めてる。

そして気になる暑い日差し。
⇒サンシェードを購入しました~。

« スポンサードリンク »

はじめ純正シェードも買うか迷ったけど、2万円するシェードってちょっと高い。

網窓にできるサイドのシェードは優れものだな。
でも、私は使うことが多分ない。
将来、キャンプにのめり込む時が来てから買えばいいや。

PHEVのフロントガラスのサイズはオートバックスで見てきた「ジャンボサイズ(1400×780mm)」では合わない。

780mmだと上下方向が大きいのです。

最初は、そんなの多少曲げりゃ使えるんじゃないの?と思ってた。
でも、PHEVブログを書いているウィリーさんのブログに、ハイエース用(1440×720mm)がほぼピッタシと書いてあった。

さて、ハイエース用を求めてイエローハットに行くと・・・

あった、1個だけ残ってた。超ラッキーです。
片面シルバー、片面ガンメタのような色です。

一応、ジャンボサイズというやつをアウトランダーにはめてテストすることにした。

近所のイエローハットは見本を貸してくれて、駐車場の愛車で合うかどうかテストをしてもいいのです。
このサービス、ホント助かるわ~。

そうしたら、ジャンボサイズの780mmだとはまらない。
腰があり固いので、折り曲げるなんて無理な感じ。
あ~良かった。これ買わなくて。

結局、ハイエース専用を買いました。
家に帰りはめてみたら、ピッタシ!

ミラー部分も切欠きがあって、その部分もベルトで留めることができる。
これはいいっす!

しかし、フロントガラスにつけたドラレコがジャマ。

ドラレコを灼熱にさらすことになる。
ドラレコの取説を読んだら、こう書いてある。

サンシェード等の日除けを使用する際は、本体をフロントガラスとサンシェードの間に挟み込まないようにしてください。熱がこもりやすくなるため、両面テープ剥がれの原因となります。

なんじゃ~い!両面剥がれを気にしとるんか~い!

ほかには、こんな注意書きもありました。

ダッシュボードへの取付けは、高温注意のエラー表示がフロントガラスへの取付けに比べ出やすくなります。

なんじゃ~い!ダッシュボードのほうが熱いんか~い!!

本体温度が下がるまでエラー表示が出て、その間は録画を行わないとのこと。

う~ん。これらを読む限り熱にはそこそこ強そうである。
サンシェードの間に挟んでも、注意してほしいのは両面テープ剥がれらしい。

そこで作ったのがコレ。

f:id:phev_sp:20160526232354j:plain

100均ペットボトル断熱ケースを裏返し、ドラレコステー部分に差し込めるように切欠くだけ。

もともと付いてるチャックひもでキュッと絞れば、固定も簡単にできます。

f:id:phev_sp:20160526232331j:plain

ハサミでカットした部分のほつれ防止には、このテープを使用しました。

105℃まで耐熱性バッチリです!

f:id:phev_sp:20160526232405j:plain

セットすると、こんな感じになります。

f:id:phev_sp:20160526233553j:plain

これで、暑い夏もドンと来い!超常現象ってやつです!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク