アウトランダーにボディーコーティングを施工|キーパーラボの感想は

さて、購入後の早いうちにやっておきたいことと言えば?

ボディ・コーティング~!

新車の塗装がいい状態のうちにやるのがベストかと( ̄+▽ ̄)ニヤリ

スポンサーリンク

前乗ってた車は購入時にディーラーOPでコーティングを付けたが、そのおかげもあってか最初の数年はよく輝いていた。

さて、どこでお願いしようかな?

本当はPHEV購入時の値引き交渉で、値引きの代わりにアレコレ付けれそうならコーティングを混ぜようと思ってましたが、私の交渉力不足のせいか、値引きがきびしいだけなのか、4万円程度のものしか付けられなかったのです  ・・・∑( ̄□ ̄;)ナント!!

以前、カービューティープロというショップにコーティングを依頼したことがあります。

この時は新車の状態で、5万円ぐらいだったと思います。

翌年は3万円代だったと思います。継続すると毎年3万円代です。
1年でも間を空けると、また5万円台になっちゃう料金システムでした。

ここは4年間ぐらい利用しましたが、勿体なく感じてしまい止めました。

シルバー色の車でしたが、お世辞抜きで「新車以上」に輝きの層をまとう感じになります。

触るとしっとりしていてツルツルもする感じ。元の塗装を守って、表面のコーティング層だけ老朽化させ、1年毎に表面の層だけ手直しするという考え方のようです。

いいですが、毎年続く支払いは高いです・・・。

今回は近場(車で10分弱位のところ)にある「keePer LABO」を利用することにしました。

ガソリンスタンドでもやってるようですが、専門ショップを当然選びます。

HPを見たら、いろんなプランがありましたが、ダイヤモンドキーパーにしました。
アウトランダーはLLサイズなので、66,300円となります。

ダイヤモンドキーパーのいいところは、年一度のAメンテ(8,100円)を行うと、5年間水洗いだけでOKなこと。

アウトランダーはボディが大きいので、お手軽洗車でキレイなのがベストです。

ハードな使用の場合、16,300円のBメンテといわれるものをやったほうがいいみたい。

ダブルダイヤモンドキーパーというのが上にありましたが、車をお泊りで預けないといけないからやめました。

いくらキレイになるとはいえ、乗りたくて乗りたくてしょうがない時に乗れないなんて辛くなっちゃうので・・・。

代車を借りて6時間ほど預けるとこんな感じになりました。

 ↓ ↓ ↓ ジャジャ~ン

f:id:phev_sp:20160510224514j:plain

出来上がりは予定時間も分かりますが、電話で知らせてもらうこともできます。

いや~、カービューティープロの時のような驚きはないけど、キレイになったかと思います。
これで安心の水洗いだけ洗車が実現!

コーティングに入る前にほかのサービスを軽く勧められたけど、丁寧な作業だったので後日、窓ガラスのフッ素コーティングをお願いしようか?と思ったのでありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク