三菱HPが見れるようになった理由|問合せてみた結果は?

いい季節になってまいりました^^
まずは週末のドライブでの画像。

f:id:phev_sp:20161011235121j:plain

夕方の海を嫁さんと走ってきた。

f:id:phev_sp:20161011235129j:plain

PHEVもいいけど「やっぱりオープンカーが最高だね」な夕暮れでした。

f:id:phev_sp:20161012000555j:plain

そして、久しぶりに三菱HPを見てみたら「おぉ~・・・」
復活してるじゃん!!

スポンサーリンク

やっと!アウトランダーPHEVはじめ三菱カーラインアップが見れるようになってた。
特に以前のページと変わりはないように見えたが?
なにか変化を持たせると、待たされた側も嬉しく思うものだが・・・。

すでにオーナーの人も、これからアウトランダーPHEVはじめ三菱車を買おうか迷っている人にとっても、ホームページが見れることは大事だよなー。

でも、なぜHPが復活したんだろ?

テレビをあまり見てなかったこともあるが、燃費不正問題になんらか決着があったということなのか?

販売停止も解除されとことを意味するんだろうけど、どんな対策を取って復活できたのか、おじちゃんは気になった。

なので、三菱に直接問い合わせしてみることにした。
(ええ、暇ですとも^^)

あいにく土日はサポートも休みなので、平日に戻るまで待つことになったけど。

では回答をシェアします。

ここから↓

****************

日頃は、三菱自動車をお引き立ていただき厚くお礼申し上げます。
三菱自動車 お客様相談センターの○○と申します。

弊社の燃費試験における不正問題につきまして、△△様には大変なご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。

このたびのお問い合わせにつきまして、下記のとおりにご案内いたします。

■販売停止車種を見れるようになった理由について
9月1日の国交省からのご指示以降、該当車種の新規の受注・販売を自主的に停止しておりましたが、10月1日(アウトランダーPHEVは4日から)から弊社判断の受注・販売を再開した次第でございます。
それに伴い、当社HPでもご案内させていただいております。

****************

↑ここまで(抜粋してます)

そうか・・・。
販売停止も販売再開も三菱が自主的に決めたようだ。

1か月おとなしくしていよう、ということだったか?

自主的?・・・ホント・・・?

とは思うが、なにしろHP再開の理由は補償対策をとったからではなかった。

EKがHPでも見れてたのは、補償対策したからだと思い込んでたけど違うのかな。

まあ、これでPHEV販売再開です。
いい車なんで、ぜひぜひ買ってみてください!

10年後に買ってたら普通の車ですよ??

さて、パリで公開された情報を雑誌で見たんだけど、次期アウトランダーPHEVかもといわれているショーモデルがカッコいい!

f:id:phev_sp:20161011235137j:plain

ミラーレスだろうかコレ?
昔からショーモデルのミラーは、よくこんな感じになってたけどミラーレス解禁の今となっては現実路線でもあるわけです。

f:id:phev_sp:20161011235149j:plain

f:id:phev_sp:20161011235143j:plain

買っておいて何ですが、今のランダーは旧型デザインにダイナミックシールドを強引に取り入れたため、はチグハグ感が否めないかな?と個人的には思ってます。

内装はじめ各部のディテールは間違いなく初期型より現行型が良いと思っています。

次期型はデザイン全体に統一感を持たせれるわけで、エクステリアもインテリアもグレードアップするでしょうね。

ドンピシャなライバルではないけれど、販売面ではプリウスPHVという強力なライバルが生まれるわけなので、差別化がますます大切になるでしょうね。

てか、今でも十分差別化されてますけどね^^

ただのエコだけなPHVじゃあない。
三菱の4WD技術を盛り込んだ、SUV型のEVな訳ですからね。

でも・・・。新型プリウスPHVも出来が良さそうですな(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク