エクリプスクロスを試乗した感想は?CHRと比較しようとしちゃダメ

エクリプスクロスを試乗したので、感想を覚書します。

久しぶりの三菱新型車であり、アウトランダーPHEVに顔が似ているからこそ、オーナーとしては違いが気になるってもんだ。

ダイナミックシールドのデザイン戦略は分かるが、果たしてこの顔は評判いいんだろうか?

自分のアウトランダーPHEVの隣に試乗車を用意してくれた。
写真は撮り忘れた。

試乗車は最上級グレードの黒で、タッチパッドが付いてた。

エクリプスクロスのすべて本を一応買ったわけだが、実はあまり読んでない。

でも、タッチパッドを付けたかったら最上級グレードを選択するしかないようで、このデザインを含めた装備にそそられて購入意欲が湧いた人は、それなりの金額が必要だ。

その際にCX5買った方がいいじゃん!とか、ライバル車のトヨタCHRとか、ホンダヴェゼルに流れることもありそうだ。

ナビと連携してるから、どのグレードでもこのパッドをオプションで付けるわけにはいかないというのが回答だった。

操作方法を教えてもらった。

タッチパッドの操作は直感で行え、使いやすかったが、あえて的な手段にも思えてきて、大きな魅力というわけでもないかも。

装備してあるに越したことはない、なければ後悔するかも的な。

外観に関しては面構えがアウトランダーPHEVに似てるのは置いておき、CHRのような突き抜けたスタイリッシュさはない。

決してCHRをほめてるわけではないよ。

サイドウィンドウが斜めに上がっていたり、リヤウインドウがスラントしてたりすると、カッチョ良く感じて、ウットリしてる人は運転席の人だけだったりする。

エクリプスクロスは、このあたりの表面的なデザイン勝負はせず、実用的な部分と融合させて微妙な形に落ち着かせたと感じる。

スタイリッシュな外観でも、中は意外に普通な使い勝手が用意されている。

つまり…中も外も突き抜けた魅力を感じなかったのが正直なところ。

アウトランダーと共通のシャシとは思えないほど、車内の横幅は程よく狭目に感じるが、3mmしか差がないとのこと。
メリハリのある造形がそう思わせるんだろうな。

アウトランダーはコンサバで水平基調なので、大きく感じるのかも。
小さい車のデザイン手法をとっていない所が好きなんだよね。

マツダ車のように、走ればわかる的な楽しさがあるか?

今回は1.5ターボ。
後発で出ると言われてる、ディーゼルやPHEVが本命かもしれない。

動き出して最初に思うのはステアリング操作が軽い。
ホンダ車か?というほど軽かった。

1.5のターボなんだが、交差点立ち上がりのトルクの立ち上がりが実にいいつながり具合だ。

加給されている感、さらに一押しされてる力強さを感じることができる。

今時のターボですね。
でも、飛び道具ではありません。
自然な気持ち良さであって、刺激と言うほどではないんです。

SAWCは車体の割に曲げてくれるわけだけど、個人的にはステアリングを回す量がまだ多いかなと。
マツダのようにクイックにしたほうが好みです。

無難にまとまってて、いい車なんだろうけど、なんか足りない。
結局、何がやりたかったんだろう?的な。

三菱ファンじゃなければ他メーカーに流れてしまいそう。

試乗車はサンルーフ仕様を用意すべき。もっとセクシーな部分を強調しといたほうが吉ですよ?
なーんて思っちゃいました。

ちなみにサンルーフは付けると約20万円高くなるらしい。ちょっと高いね。

酷評気味で申し訳ないんだけど、エクリプスクロスに乗る意味が分かりづらかった。
どこがズバ抜けてるのか伝わってこなかった。欲しい!とまで思わなかった。

どうも、ライバル車と比較して「エクリプスクロスはスタイリッシュなのに実用的ですよ」とかを強調しようとしてるのだろうけど、CHRを気に入った人はたぶん聞く耳持たないですよ。

CHRのカッチョイイデザインと、それに乗ってる自分が好きなんでしょうから、後ろが狭かろうが不評が出ようが関係ないんです。

スタイリッシュだけど使い勝手を忘れてない正統派??
そこじゃないんですよ。

だからこそ、訴求が見えないんです。

アウトランダーPHEVに乗り帰ります。いや~やっぱり、いいね。

もう、他の車に馴染めないかも。
一芸に秀でた車は素晴らしい。

家に着き気づく。
サイドブレーキも調整されて妙にカッチリしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク