PHEVレンタル初日にやった大失敗|パドルシフトで赤っ恥

この記事もそうだけど、過去の記憶をたどって書いてる。

このアウトランダーPHEV1泊2日レンタルは8ヶ月ほど前の出来事。
(しばらくは、メモ見ながら記憶思い出しブログとなります。。)

スポンサードリンク

さて、レンタル当日です。
三菱ディーラーが開く時間に到着、さっそく出発できたワケとは?

前日に契約書のようなものを書き、実際に運転席での使い方を一通り説明を受けていたのでした。

でも少し不安なので、当日もサクッとおさらいは受けました。

レーダーオートクルーズの操作方法は聞いたけど、忘れてしまうし。

まあ普通に運転できればいいですから。

レンタル車のPHEVはナビPKG・ブラックでした。

f:id:phev_sp:20160419222805j:plain

さあ、ディーラーから出発。
ここでアホなことをしてしまった・・・。

やりたかったこと、それは・・・

回生パドルシフトを早速試したい!

B0(エンブレ抵抗がなく滑走する感じになる)の感じを味わいたいぞ。

よ~し、右側のパドルシフトを「コンコン」と引くが、変わらない・・・??

アレ?もう1回トライ「コン、コン、コン」

実は、パドルじゃなくてライト・レバーを引いてた。

つまり、パッシングしてたんです。

渋滞気味の対向車線のドライバーがこっち見てる。うわ~むちゃくちゃ迷惑かけてた~。
というか、ハズカシィ~~~。

この先で警察も張っていませんし、何かしらの事故も起きてませ~ん。
ごめんなさい!

そんなこんなで、まずは自宅に家族を迎えに戻るのであります。
(朝から一緒に三菱行けばバッテリーそのぶん減らんやろ~)

安全に自宅に到着できるように有料道路を使う。
あ~優雅だ、静かだ、フル加速試したいな、いややめとこう。
バッテリー温存じゃ。

自宅に到着。

確認事項その1.駐車場に入れれるか?

大柄のわりに不思議なんですが、見切りがいい水平基調の6ライトの窓により案外、大きさを感じさせないのです。

旧型なんで俯瞰モニターはありませんがバックモニターだけでも大助かり。

出来ました!思ったより簡単に。

不安要素その1は見事にクリアです。やったね!

そろそろ出発しないと日が暮れるぞ~(笑)・・・続く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク