アウトランダーPHEV購入準備|自宅にカーポートを付けました

アウトランダーPHEVの購入を見据えて、事前準備を思い切って行うことにした。

自宅の下水道工事とカーポート設置である。

スポンサードリンク

合計すると60万円ほどの出費なので痛いんだが、浄化槽が臭くてお隣さんに申し訳ないので・・・。

お隣さんが勝手口を網戸にして、臭い匂いが入り込んだらと思うと申し訳ないのです。

前の車は排気ガスも臭かったから(ホームセンターでガソリン添加剤を買い使ってから臭くなった)なあ。

カーポートは憧れの装備。車の塗装の持ちが断然違うし、雨の日も快適だし。
特に冬の朝露や、車の窓に霜が付くのも防げるしね。

ユンボで掘るだろうから下水道工事を先に申し込んだ。2店で見積もり比較し、本命の近所の業者が安いし工事中に車を店の駐車場に置かせてくれるので頼んだ。

カーポートは違う業者で65%引きぐらいの価格で設置。すごい割引率だけど、そんなものらしい。

このカーポートだけど、もっと前からやっておけば良かった!!!

雨の日に嬉しくてしょうがない。

10月頃の設置だから、夏のありがたさはまだ分かってないけど。
冬の朝の車の冷えが全然違う。カーポートが無い頃は車がキンキンに冷えてたんだけど、今は快適!

屋根があることのデメリットは柱の分だけ駐車場の幅が狭くなる事だけかな?と思ってましたが、柱があるほうがバックの際の目印となり駐車しやすくなったような気がする。

家の準備で足りないのはコンセント工事だけですね。

あと一つ大事なことは、手放す車のドライブ動画を撮っておくこと。
その為に、コムテックのHDR-251GHを購入。

これを自作ステーに取り付けて風の巻き込み防止ボードに取り付ければ、運転者(私)も助手席(娘)も入る画角で撮れる。

オープンドライブを撮って記念に保存してます。

あとは、PHEVをいつごろに申し込むか?だけとなりました^^
でも、ロードスターが好きでなかなか踏ん切りがつきません。

最長で車検切れのタイミングに購入ですが、補助金29万円がなくなったら?という不安もありまして12月に申し込むことにしたのです。

f:id:phev_sp:20160430145414j:plain

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク