洗車用ブロワーのデッドニング?静音化計画のアイデア編

さて、ブロワーの静音化ということで、当初はデッドニングの要領でやればいいのか?と思いました。

ブロワーの空箱を利用して雰囲気テストをしたらイマイチすぎたんで、本腰入れて取り組むことにします。

スポンサーリンク

ただし!素人なんで超低レベルかと!(*^.^*)

前の車はデッドニングを自分でやって、制振シートも厚手アルミテープとブチルテープをサンドして、とにかく自作でした。

スピーカーはカロのミッドバスの貰い物だったし、バッフル板も自作。
でも、効果は相当ありましたよ!

そんな中途半端な経歴を持つ私です。

厚手のMDF板で箱のようなものを作り、内側に吸音材を貼ったり詰め込むなどしてブロワーを囲んでやれば効果的なんじゃないのかと?

適当にアイデアを練ってみた

f:id:phev_sp:20160619214547j:plain

f:id:phev_sp:20160619214529j:plain

f:id:phev_sp:20160619214539j:plain

f:id:phev_sp:20160619214555j:plain

くだらんアイデアスケッチを経て、MDF板のカット寸法を適当に割り出し、Uホームでカットしてもらいました。

f:id:phev_sp:20160619214627j:plain

手元にある防音材料も入れて仮組み。

f:id:phev_sp:20160619214700j:plain

f:id:phev_sp:20160619214634j:plain

その段階で音確認するが隙間だらけで、音は大きいし、このまま爆進しても成功しそうな気がしない。

MDFの隙間をなくすのが大変そう。なんといっても重い。控えめに18mm厚にしたけど、お、重い。

重たいから使うのやーめた!
なんて未来がありそうだ。

そこで、実家の収納庫の片付け作業をしていたら、塩梅のいいカバンが出てきた。

これは?
サイズ的に使えそうだ!
発想を変えよう!

続きは次回に。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク