タンク式高圧洗浄機を洗車に試す!水圧も静音性もオススメ

さあ、年末の大掃除の季節です。

おじちゃんの担当は窓洗いとか車洗いとかですね。
お風呂とかキッチンもやりますよ。

嫁さんが「プリウスPHV汚~い」と、洗車して!アピールしております。

うむむ。。

今年は新兵器の登場です。

じゃーん。
タンク式高水圧洗浄機

« スポンサードリンク »

ケルヒャーとかボッシュとかRYOBIとかが有名ですが、おじちゃんが選んだのはアイリスオーヤマ製のタンク式高圧洗浄機です。

なぜか?

それは、名前の通りタンク式だから(笑)

ホースをつなげなくても、水を汲んでおけば使えるのが最大のポイント。
さらには、バケツといいますかタンク部分にポンプユニットや、ガン、ホースなどすべて収納できるんです。

しまうことまで考えてる商品は好きです。

しかもですよ?

ホースを直接つないでタンクを使わずに使う方法もできるんです。

圧力弱いんじゃないの?

ケルヒャーにするか迷ってたときは、ベランダ用のタイプは上級グレードとなり、かなり高い。
圧力が弱かったら悲しい結末が目に浮かぶ。

そう思ったのですが、洗車からベランダの緑色の汚れ、コンクリートの黒ずみまで全ていけます。

しかもですよ?

タンクを満タンにしておけば、思いのほか長く使える。

洗剤も入れることができる。いやー、便利。

おじちゃんはホースリールガンをタンクに突っ込んで、少しずつ補給しながら使ったので、当然ですが、水も無くならずに連続使用できます。

ホースがなくてもバケツとかで水汲みができれば、あとは100v電源さえあればいい。

さらにですよ?

静音タイプなんです。
静かさを大切にするおじちゃんとしては、外せないポイントです。

嫁さんのプリウスPHVを日曜日の朝の9時頃から洗車。
気兼ねなく使えました。

動画でっす^^

この手の高水圧洗車で完全に汚れは取れません。サイドドア下部の雨汚れ跡はやはりスポンジ等で擦らないと落ちませんね。

ハッチバックの隙間にも水が勢いよく入るので、隙間洗いに強いですね。

アイリスオーヤマって、プラスチックコンテナとかのイメージがありましたが、思わぬ伏兵でしたね。

有名な高水圧洗浄機と比べて値段も安いから、過剰な期待はしてなかったんだけどね。いやーすごい。

スギ薬局のポイントが貯まってきたので、ケルヒャー入門用機をゲットしようか考えてましたが、やめといてよかったです。

さて、プリウスPHVとアウトランダーPHEVの二台を洗い、疲れてきましたけど。

しかし、頑張って庭に回り一階の窓を洗います。
窓枠もキレイになりました。

あと、家の外壁が意外に汚れていることを発見。ついでに洗浄します。

はい、疲れてきました。

次に、タンク式にした目的、二階のベランダ掃除に移動します。

おじちゃん家はベランダに水栓は無いのです。

庭からホースを延ばしてタンクに水を補給して使うのです。

掃除前↓

掃除後↓

いや~なんと言っても、楽しい(≧∀≦)

しかし、ハリキリ過ぎて疲れた。
バタンキューです。

もう、タンクの中に全て収納する気力は残っていないので、玄関に放置しました。

タンク式にした最大の目的、実家の窓洗いにも使える…しかし、もう、性もコンも尽き果てました。

やはり、この手は準備と片付けがネックだな…(苦笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク