PHEVの三菱充電カードが届くまで|さあ充電するかガソリンで走るか?

発行までに1~2週間かかるとネットに書いてあるのを見た充電カード。

嫁と娘が、そろそろ「旅行に連れてって」モードになってるので、出先で充電できるように思い切って三菱電動車両サポート充電カードを申し込んだのだ。

« スポンサードリンク »

仕事から帰り、ポストを見るとヤマト運輸の不在通知の紙が、
ポストに入っていた。

「んっ?三菱から?」
「あ~っ、充電カードだ!」(早い!)

早いですよ。だって申し込んだの8/16ですよ?
まだ2日しか経ってないです。

再配達依頼し、晩御飯準備中にチャイムが鳴りました。
それで、こんなふうに届いた^^

f:id:phev_sp:20160818212829j:plain

中を見ると・・・

f:id:phev_sp:20160818212833j:plain

やったね!^^

正式名称:三菱自動車 電動車両サポート 充電カード
申し込んだプラン:ベーシック
入会金:1,500円
月額:500円

これを今まで申し込まなかったのは、単純に自分の生活パターンでは「元が取れないから・・・」です!

平日はオール電化でEライフプランのナイトタイムを利用して深夜充電し、モーターだけで足りる通勤距離だしね。

いろんな方が充電か?ガソリンか?どちらが得か計算されてるのを見た。
で・・・外充電するよりガソリンでハイブリッド走行したほうが安いんでしょ?

海外では外で充電する習慣がないとか・・・。

まあ、そんなことから「(費用対価的には)持つ意味なし!」と思ってた。

でも、この前のドライブで高速道路の休憩時に充電できるといいよな?

高速道路はいいけど、下道でエンジンかかると楽しくないな?

充電カードを持たないでPHEVの楽しさがわかるのか?

(心の叫び)ホントは持ちたいんだよ~。ハアハア

と・・・いう思いから、充電カードはPHEVに乗る為のたしなみといいますか、
必需品と割り切っちゃおう!と考え直したんです。

たぶん、毎月500円捨てることになるでしょう。
ロードサービスが付くなどのサービスが付帯されるからドンマイか?

でも、いいんです。年間6,000円はPHEVの維持費として認めました。

もちろん、遠出したらガソリンとの料金比較はさておき、
電動走行が満喫できるようジャンジャン使おうと思ってます!

ベーシック月額500円プラン
■急速充電
三菱ディーラーだと5円/分(30分150円)
高速などのNCSだと12円/分(30分360円)

■普通充電
NCSだと1.4円/分(1時間84円)

三菱ディーラー安いね。
今後は全国の日産ディーラーでも充電していいのかな?

イオン駐車場等とかの充電って、充電が終わったら車を移動しないといけないんだろうか?
映画を見に行ったら映画が終わるまでそのままになるだろうし。
そのあたりも無知なので、勉強しておかなきゃ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク