夏場のアウトランダーPHEVのサングラス収納は何℃になる?実際に測定してみました

アウトランダーPHEVのルームランプの後ろには、サングラスを収納できるスペースがありますよね?

f:id:phev_sp:20170722105726j:plain

そう。
蓋つきの便利なやつ。

この異常な暑さの中で、サングラス入れたままでも大丈夫なのかな?と思ってたわけです。

いや、今までは全然気にしてなかったですよ。
真夏でも普通に使ってました。

今でも、前に使っていたサングラスは入れたままです。
いつ使っても、問題なく使えますが。

でもね・・・。

タレックスサングラスを買った時に、店員の方に聞いたのです。

「あの場所にサングラス入れておいても大丈夫ですかね?」…と。

店員さん曰く…

『レンズの管理として、温度的にみて60℃が境界線になります。』

・・・60℃( ̄△ ̄;)?

確かにTALEXのHPを見ると、以下の注意書きがある。

『高温(60℃以上)にさらされたり、急激な温度差は、レンズ表面のコーティング膜のひび割れや偏光膜の劣化、フレームの変形の原因となります。』

夏場のダッシュボードとか、間違いなくそんな温度になってそうだ!
若い頃、セリカXXのプラモデルを置いといたらグニャグニャになった(アホです)。

夏場に車に乗ると、シートらへんのほうが暑い気はする。
暑い空気は上に上がるから、実際はルーフに近い方が暑いのかな?

では、ルーフに近いサングラス置場はどうなんだろうか?
案外、断熱とかしっかりしていて問題なかったりして?

おじちゃん、少し前から温度測定を始めたのです。

おじちゃんの住んでる愛知県は意外に暑い。
6月ぐらいから、すごく暑くなってきてます。

さて、まだ温度を取り始めてから一ヶ月経過したぐらいだが、中間データをみてみることにした。

サングラス収納スペースにロガーごと放り込む・・・だけ。

f:id:phev_sp:20170722105833j:plain

仕掛けた温度計はこれでっす↓

f:id:phev_sp:20170722105854j:plain

無線でもデータを吸い上げることができるのだ。

うーん、便利だ^_^

温度測定結果を報告しまっす。

■アウトランダーPHEVサングラス収納の温度測定結果

測定期間:5/30~7/18
サンプリング:1秒
最高温度:58.6℃  7/13  12:20

あと一息で、60℃超え

惜しい!いや惜しくない(^_^;)

大切なサングラスは、あの場所に置いたままにしない方が良いでしょう。

おじちゃんは、リュックに入れて車内に残したままにしないように習慣づけてます。

ちなみに、勤め先は野ざらしのコンクリート駐車場。
自宅にはカーポートの屋根があるので、条件が一定ではありません。
なので、土日はガタッとロガーの最高温度が下がっていると思います。

フロントウィンドウの日除けの使用有無も影響するかと。
おじちゃんは、会社の駐車場でも日除けをセッティングします。

曇りの日は付けないこともあるので、いいかげんな測定条件と言える( ̄^ ̄)

ホントは、外気温、車内温度、サングラス収納内の温度の3か所以上が知りたいところです。
車内の年間温湿度も取ってみたいかも。。

今後も夏の間、しっかり、いや、ざっくり(笑)温度取ろうと思ってます・・・。

・・・が、飽きたらやめます^ ^

参考までのグラフ↓・・・データ途切れとか、いい加減でっす。

f:id:phev_sp:20170722110127p:plain

f:id:phev_sp:20170722110141p:plain

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク