スーパーカブ110 散歩その4 林道走行で遭遇した動物とは

2018.5.4
快晴かと思いきや、曇りになると寒い。
超足芯術が移転した。移転先を調べたら、あとは自由行動の巻。

最近、カブ散歩記事ばかりになってきた。いいんだろうか(笑)

さて。

よくあることだが、何をやってもダメな土地ってある。
店が変わっても、流行らずじまいで潰れていく。地元からすると、あの場所で、その雰囲気じゃ無理だよ、と思うのだけどね。実家近くのその場所は、喫茶店⇒中古車販売⇒不明な時期⇒超足芯術(マッサージ業)と変化している。


それにしても胡散臭い看板だ(失礼!)。

この店になってから意外と長いが、一度もお客を見たことがない。なのに潰れない。
駐車場にロープが張ってあり、いよいよか?と思ったら移転の案内が書いてあった。まさかの繁盛?
今日は移転先を見に行きます。

300m先を右折、道に迷いながらも到着(茶色い建物)。


料金体系もわかり、これなら入ろうと思う人もいるはずだ。
車が来て女性客が一人、店に入った。店の人かもしれないけど。

行ったら、おじちゃんの足治るかな?

今日は右膝関節が痛い。カブに跨ったら急に痛くなった。よりによって、カブ散歩の日に痛くならなくてもいいのに。
停止した時の足の踏み替え動作が痛い。

さて、目的達成したので後はフリー。

中学校の通学路と外周を走る。

部活で外周走らされたなー。1周800mを全力で走りリレーするんだけど、かなりきつかった。。(一周分写真載せたいけど割愛します)

五月だから小脇公園名物の鯉のぼりでも見に行くか?マイナーな道で向かう。

気になるマイナーな道を発見すると、ついついUターンしてでも寄り道してしまう。大きいバイクだとUターンが嫌だった。細い道だと不安にもなったものだが、カブでは一切それがない。

写真下手ですが、木漏れ日の道発見!

武豊佐川急便に出ました。

知多カントリー横の道を走って行くと、子供の頃カブト虫を獲りに行った自然公園に出たので、薄暗く細い道に入ってみた。

しばらく進むとバイク乗り入れ禁止。今日は膝が痛いから、徒歩で先に進むのもやめておいた。

その後、クロスカブ向きのダートを走る。周りは水田風景。


んっ?何かが動いてる。人が草取りをしてるのか?
よく見たらヤギっぽい。


なぜか、2匹のヤギだ!

エンジン止めて押し歩きで近づく。
どうやら飼われているヤギで、首輪もロープもあった。

少し先の農家が飼ってるみたいです。
お洒落なファーマーズハウスでした。

エンジン掛けて再出発。

カーブを曲がったら、今度は馬みたいなのが現れて二度ビックリ!


ゆっくり横を走り抜けてからエンジン止めて、写真撮らせてもらう。
すると、カブに寄ってきて、しきりにブレーキランプにフレンチキスしてる。

グローブを脱ぎ、ロバと思われる頭をナデナデさせてもらう。

おとなしく、人に慣れてる。円らな目が可愛い。

舗装路に出たが、まだ山道小道を選ぶ。
急な登坂もグイグイ登ります。

ローでも苦しがるほどの坂を登りつめたら、オレンジラインという看板が出てきた。

向かいます。
ホントにオレンジラインなの?


どうやらハイキングコースみたいで、こんな道をひたすら走り続けます。途中、休憩用ベンチや、仮設トイレも設置されてました。

空が曇り、ヘルメットのシールドに雨粒が付き始めた頃、『パンッ』ていう大きな音が後輪から聞こえ、ヤバイ!パンクしたか?とマジで思った。

こんな軽トラが入るのも厳しい道で、助けも呼べなさそうだし、押し歩くには膝が痛い。

うむむ、焦りながら走ると、舗装路と山道の続きの分岐となったが、今度は舗装路を選択。

さて、今日はこれぐらいで帰ろう。
途中、映画トリックに出てきそうな看板が!

山の広場?


このエリアは再散策が必要なようだ。

1速でなんとか登れるぐらいの坂を、逆に下って降りるケースでは、ドラムブレーキは心許無く、強く踏んで強く握った。ディスクなら、リヤだけで調整しながら降りれるのに。

無事に実家に帰った時は、体が冷えてた。
熱いシャワーとホットコーヒー、季節外れなストーブを点けて暖まる。

あー、今日のカブ散歩も楽しかった!

結局、鯉のぼりのこと忘れてたなー(笑)

初めてのカブ、初めてのロータリーミッションにも少しずつ慣れてきたが、無意識でシフトアップのつもりがダウンさせエンジンが唸ることも一回ありました。しかもギャラリー付きで(悲)

一般道を走る時は、発進時に何速に入っているか知りたくなる。トロトロ発進が命取りになるかもしれないから。
まだまだ、ローに入れるつもりでシフトペダルを下に踏むことも多い。

なので…( ^ω^ )

シフトポジションインジケータをとりあえずポチッとしてますv(^_^v)♪
納品待ちです。

本日の走行距離19.6km

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク