プリウスPHVよりスーパーカブ110が好き!実車を見てきたぞ

最近スーパーカブ110 が気になっている。色をどれにしようか?ぐらいの段階まで気持ちが高まっている。

スポンサードリンク

カブで二輪復帰しよう!

すごく意気込んでるというよりかは、カブで散歩したいっす!という感じである。

もちろん、国内生産かつヘッドライトが丸目になったことが大きい。
クラシカルホワイトを選べば、昔のベスパみたいにオシャレだと思う。
肩肘張らずに町に溶け込んで、トコトコ走るなら、昔からあるような紺色や深緑がいいだろね。カブなんて、おっさん臭いなんて思ってた昔の自分はどこ行った?

そもそも、なんで欲しくなったか?
国内生産、丸目のほかに?
それは、クロスカブが気になりだしたことがキッカケ。

これね↓(2018年型)

元はスーパーカブなので兄弟車みたいなもんです。
これが、もうすぐモデルチェンジを迎え、上の写真のように変わるのです。2018年型はレッグシールドがないぞ。おじちゃんは、欲しいと思ってるが。

で、情報を集めてるうちに、スーパーカブ110 いいじゃん!になってきたわけ。

買ったら、しばらくは地元中心に走るつもり。子供の頃通った細い道とか、昔住んでた家のあたりとか、思い出の道とか、この先行き止まりなんだろうけど気になるなー的な道とか、とにかく、どんな道でも自転車で行けるとこならカブなら躊躇せずに行けると思うのです。引き返すことになっても、Uターンも楽勝。大型バイクみたいに苦労しないし、斜めってる道に足を着くときも緊張なんかするわけない。

変速する楽しみもある。クラッチがないから左手も疲れ知らずだろう。

大きなカッチョいいバイクと違い、人目を気にするような気づかいやら優越感やら一切ない。町の風景に溶け込んで自己主張しない。肩の力を抜ける。自転車以上、バイク未満。

久しぶりにプリウスPHVを拝借し、いざバイク屋へ!

向かう先は、カブ50ccなら展示車があるのは調査済み。
110はなかなか近くの店に置いてない。この際、50版でもいいから見てみたいと思った次第。

やられた!バッテリー残量が中途半端。(充電しとけよ!)

仕方ない、行きの有料道路でチャージモードで充電します。
高速2区間でそこそこ充電できましたので、EVモードで走ります。
回生シフトペダルがないのがイマイチだが、パワーモード加速の凄いことよ。

くそー、おじちゃんのアウトランダーPHEVに、現行型のプライオリティモードが付いてりゃなーと、愚痴をこぼす。

あっという間にバイク屋に到着。

バイク離れが長いとはいえ、店舗で見るバイクは250ccでさえ巨大に見えてしまう。昔は250は小ちゃいなあと思ってたのに。情けないものである。試乗会だとへっちゃらなんだけどなあ?

おっ、あった、あった。

色はバージンベージュですな。
写真撮ります。

旧型クロスカブもどうぞ。

おじちゃん

「スーパーカブ110 の納期、どれぐらいですか?」

「今頼んでもスーパーカブ110 の納期は3月末だよ」( ̄□ ̄;)!!ガーン!
「受注が多いというよりかは、クロスカブ受注に対応するために生産調整しているのだろう」とのこと。

ぱっと見の外観の違いだけでも、50は110 と比べてタイヤサイズとか違うから、実車の110 を見てみたいな。

もう一台比較してる車種は新型クロスカブである。

正式発売日は2月23日。

しかし、近所のバイク屋に2/15に展示車が入る情報をもらった。

今週土曜日のことなので、楽しみに待とう。

スーパーカブ110ブログになるのか?楽しみだ。

帰宅。燃費のアベレージが80km/Lって出てますけど…?。

ハイブリッドモードで燃費が良いのが強みですな。

しかし…。
プリウスPHVは、止まるたびに
ンゴッって音がするが、何なんだろー?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク